平成27年研究会

第123回研究会・新年会は、平成27年1月31日(土)、景勝地上諏訪温泉「浜の湯」

プランナーの落合宏子先生のご準備のもと、開催されました。青木恭子先生、浦野公成先生、大村泰一先生の発表に続きまして、プランナーの伊沢正彦先生のお迎えで、松本歯科大学名誉教授、衛生学院長であられる笠原浩先生にご講演していただきました。
長谷川貴子会長をはじめとして、新入会員の武井哲兵先生も参加され、総勢12名による和やかな会となりました。
会員発表の抄録と集合写真を添付し、まとめとさせていただきます。
なお、研究会の様子は、プランナーの浦野先生が作製されたCDをもとに焼き増しして後程お渡ししたいと思いますので、ご覧下さい。
(プランナー 芳川敦子)

会員発表
長野県の学校歯科保健について〜青木恭子
外傷による脱落歯の再植の〜予後浦野公成
双眼ルーペ〜大村泰一
講演会
笠原浩先生「ミソッパが当たり前だった時代〜昔々あるところに『小児歯科医』という変な医者がいましたとさ〜」
第124回研究会   平成27年5月10日(日)勤労者女性会館しなのき(長野市権堂)

午前 会員発表
先生、下顎の前歯が内側に生えてきちゃったんですけど・・・!!〜林三雄
混合歯列期から8年かかった3級治療〜大村泰一
午後(特別講演公開セミナー)
竹内誠先生(たけうち矯正歯科医院 矯正歯科認定医、指導医)「歯列・咬合異常とその治療」〜矯正歯科医で扱う諸問題

第125回研究会   平成27年10月21日(水)上田小県歯科医師会館(上田市)

講師 元開富士雄先生(神奈川県 げんかい歯科医院)
午前(スタッフの会) "口から子どもを見るとは" 見る・観る・診る・視る・看る
午後(Drの会) 運動発達の観点から口腔機能を考える





戻る
inserted by FC2 system